自虐 ZIGYAKU Vol.1/No.1

  • 品番
  • DZG-01 
  • メーカー
  • DragonImage 
  • メディア
  • DVD 
  • 収録時間
  • 120分 
  • 発売日
  • 2011/06/11 
  • 監督
  •  
  • 出演
  •  
価格7200円(税込)

「自虐」自身の身体に様々な苦痛を与え、精神的快感を覚える。 この行為は少女時代からはじまり、徐々にエスカレートしていく。 最初は自慰行為の時、快楽を得るため「自傷行為」があったが、徐々に逆転し自傷行為の果てに超快楽が存在する。 この作品出演女子もその一人である。 性的虐待を少女時代に受け、その時の光景が蘇りフラッシュバックが起き行動に走る。 殴られることを想像し、顔、尻、性器を殴り、女穴をかき混ぜ、噴き出す汁を舐め、首を縄で締め上げる。 極太張型を喉奥まで押し込み、嘔吐感を味わい、膣奥底まで突刺し、裂ける感触を自ら実況し、陶酔し果てる。 自らビニール袋をかぶり、徐々に酸素が無くなり、意識がなくなる限界まで繰り返すが、気絶する勇気がないため、首を絞めはじめる。 局部へ熱蝋を垂れ流し、火傷を痛感し、かき混ぜる。電マを装着し首吊り行為は最強の快楽の瞬間。 十数個の浣腸液を注入し、排泄感に苛まれ、自らスラッパーでスパンキングし、溢れる恥に耐える。 流血オナニー。自ら針を刺し、流れる血を味わい、局部に擦りつけ絶頂を来す。